フリーランス

女性がフリーランスになって仕事をしていくうえで大切なこととは?

ミスター
ミスター

はじめましてミスターです!

今回は、女性がフリーランスになって上手くいくための心構えの1つをお伝えします!

超重要です!女性は絶対読んでください!

男性も女性と仕事で関わることがあれば読んでください!

そして、男性も関係ある内容です!絶対読んでください笑!

はじめに答えを言っておくと『男性と食事に行ったときに絶対奢ってもらわない』です。

奢ってもらった時点で試合終了です。

ご飯は自分で払うのが当たり前

仕事を取っていくために沢山のお付き合いをしていますよね?

これからも人脈づくりをしていくでしょう。

それでもなぜ仕事になっていかないのか?

そう、奢ってもらっているからです。

奢ってもらうとなぜ上手くいかないのか?

ビジネスパートナーではなく女性として見られているからです。

口コミ
口コミ
女性だからかな?

じゃないんです。

奢ってもらわずに自分の分は自分で出す。

奢られたら対等ではなく上下関係ができてしまいます。

奢ったほうが立場が上になる。借りを作ってしまうのでビジネスの関係にしていきたいなら奢られている場合ではありません。

男性も同じですよ。

相手のほうが大物だから、お金持ちだからといって出してもらったら終わりです。

ミスター
ミスター

私も女性に対して奢らないといけないと思っていました。

ビジネスの関係をつくりたいなら奢らない。

奢ってもらっている人はすぐにやめましょう。

出してもらうのではなく出す

食事代は出すのは当たり前といいました。

更に上をいくのが相手の食事代も出す。

これは自分よりレベルが高い人の場合です。

お金を持っている人は、奢ることが多くても奢られることは少ない。

奢って当たり前。

自分より稼いでいない人から奢られると記憶には残るでしょう。

この方法は、独立してフリーランスを長く続けている成功者といわれるAさんから教えていただきました。

Aさん
Aさん

絶対に奢られてはいけない!

自分の分は出して当たり前でその上をいくのは奢ること!

それが一流の経営者の考え方ですよ。

相手に貴重な時間を使ってもらっているからせめて食事代は自分が出す。

感謝の意味もあり、ただただ奢ってもらう人とは雲泥の差。

Aさんはフリーランスになってからずっとこのスタンス。

仕事が途切れたことがなく、ずっと忙しいそうです。

ミスター
ミスター
自分の分を出すのは当たり前!相手の食事代は感謝を込めて出す!

覚えておいてください。

超重要ですよ!

ただ、奢られてもらえないことが多いです。

それでも毎回チャレンジする!

その姿勢が良いんです!

まとめ

「女性だから」「若いから」と思っていたあなた!

自分の行動が相手に対等に思われない原因。

そう思ってください!

自分に原因があると自覚しないと今度は「もう40歳だから。」といくつになっても言い訳で終わってしまいますよ。

今回のまとめはこれ!

  • 女性はビジネスにおいては奢ってもらってはいけない
  • 男性も仕事に繋げたい、対等になりたいなら同じ
  • 自分の分は出して当たり前、相手の分も感謝を込めて出す

女性として見られるよりも経営者として見られたほうが良いですよね?

『相手に試されている』と想いながら自分の行動、言動に気を付けていきましょう。

失敗は何度してもかまいません。

何も考えすに行動するのはやめましょう。

自分以外に怒ってくれる人も、詰めてくる人もいません。

あなたが最高責任者です。

サラリーマン時代のように上司が怒ってくれることはもうありません。

男性であっても、女性であっても関係ありません。

もう、あの頃のように頑張らなくても頑張らなくても収入は同じではありません。

最低いくらもらえる!保証はないんです!

でも、可能性は無限にあります。

一緒に頑張っていきましょう!

幸運を祈ります!

ミスター
ミスター

他の記事も是非お読みください!

超重要なことを書いた記事ばかりですよ!