世界が称賛する日本自衛隊

【海外の反応】「日本の自衛隊が子供を助けてくれた」世界で称賛される自衛隊の活躍

【海外の反応】「日本の自衛隊が子供を助けてくれた」世界で称賛される日本人が知らない自衛隊の活躍「丸腰でも危険地帯で救援活動」
凜
敬礼!

日本の自衛隊の海外での活躍について、元硫黄島勤務の海上自衛隊員と元陸上自衛隊員に調べていただきました。

口コミ
口コミ
自衛隊ってこんな活動をしていたんだ!

世界からこんなに感謝されているんだ!と思える内容です!

RAD1型改
RAD1型改
自衛隊応援部隊凛護隊前へー!

世界で称賛される日本の自衛隊

「私をはじめ、パキスタン人は日本に特別の思い入れがあるとともに、偉大な国であり、尊敬しています」

これは、パキスタンの災害において、現地視察に訪れたパキスタン大統領が、救援活動中だった自衛隊を見つけるや、歩み寄って述べた感謝の言葉です。

近年自衛隊の海外への災害派遣は、世界でも高い評価を得ており、その自衛隊の献身的で人道的救援活動に感謝されることが多いのも事実です。

今回は日本であまり報道されることのなかったパキスタンでの自衛隊の活動を紹介します。

日本がきてくれた!ホンジュラスでの活動

「日本の自衛隊がこんな所まで来て、子供のために注射をしてくれて感謝している」

自衛隊が、国際緊急援助活動に派遣されるきっかけになった

1998年、ホンジュラスのハリケーン!

大被害を受けたホンジュラスでの自衛隊の任務は、被害者の応急治療、防疫などの医療活動、物資や被害者、要員の輸送、給水活動など。

自衛隊の医官や看護師が最前線に立ち、60日の間に約4000人を治療したのだ。

スマトラ島沖大規模地震では、90日間で6013人を診療し、2277人に、はしかのワクチンを接種。

はしかのワクチンは、日本独自の発想で、スマトラ島の人達から大変感謝されました。

自衛隊の診療所で5歳の子供を連れてきた父親は「日本の自衛隊がこんな所まで来て、子供のために注射をしてくれて感謝している」と話しています。

RAD1型改
RAD1型改
続きは動画でごわす!