コミュニケーション

コミュニケーションで不機嫌にならないための心構えと対処法

コミュニケーションをとっていて怒ったり、憎んだり、悔しい思いをしたことはありませんか?

口コミ
口コミ
自分って駄目な人間なのかな?
口コミ
口コミ
私は器の小さい人間だ!

そんな風に悩んだりしていませんか?

いいえ?

あなただけではないんです。

所詮、人間の心の器は小さいものなんです!

安心してください!

というワケで今回は、不機嫌にならないための心構えをお伝えします。

そして、その対応方法です。

これであなたの心が楽になると良いですね。

それではご覧ください。

心の器は小さいことを理解する

心の器は所詮小さなもの。

感情を放っておくというのは気にしないということです。

怒ったり憎んだり悔しがったりするのは誰にでもあることです。

けれども、その時相手があなたへの悪意に満ちているとは限らないし、それを嫌な気持ちにさせようとしているとも限りません。

まして、あなたが気持ちの小さい人間だとかひがみっぽい性格だとか言うのではありません。

ところが嫌な感情に満たされるとそういう自分にすら嫌悪感を持つ時があります。

口コミ
口コミ
こんなことで腹を立てるなんて私はどうかしている
口コミ
口コミ
あんな奴に振り回されるのに情けない

そんなことまで考えてしまうとイヤな感情はしつこく残ります。

自己嫌悪まで加わるのですから気分はすっかりブルーになって最初の原因さえ忘れてしまいます。

口コミ
口コミ
何でこんなに気分悪いんだろう

このように感情が簡単に入れ替わります。

口コミ
口コミ
あの人の態度が頭にきたんだ!

と気づけばまた腹が立ってきます。

そこで人間は所詮感情的でちっぽけな存在なんだと認めてしまいましょう。

だってその通りなのですから仕方ありません。

心は広くなくてもいい?

心なんて広くないし少しのことで泣いたり笑ったり怒ったりするものです。

それぐらいい時の感情に支配されやすいのは私たち人間なのです。

でも心が狭いとか器が小さいというのは感情が入れ替わりやすいということです。

小さなスペースを占める怒りや憎しみの感情なんて喜びの感情が少し生まれるだけでたちまち追い出されてしまいます。

職場で朝からずっとむしゃくしゃしていた人が上司に一言埋められただけでたちまち笑顔になって張り切るようなものです 。

嫌な感情に満たされてもそのことを気にしないで仕事を続けていけばほんの小さないいことでいい感情に入れ替わってしまうのです。

ムシャクシャしている時でもその感情にこだわって周囲に当たり散らすばいいことなんか起きません。

ほっておいて目の前の作業を片付ければ「そろそろランチだね。」と声をかけてくれる人がいます。

行こうかと返事した時にはもうムシャクシャはなくなっているのです。

できることをやる

感情というのは姿形が見えません。

たとえば他人の悪意といったところでそれがどれくらい大きくて根深いのか?

実のところは分かりません。

そもそも本当に悪意があるのかどうかだってわからないのです。

自分の怒りも同じです。

カッとなった時には全身怒りに包まれています。

でも時間が経てばその怒りは消えてしまいます。

もう1度その時の怒りの感情を取り戻すことはできません。

すると

口コミ
口コミ
あれは何だったのか?

と思いますよね。

確かにカッとなったけど

口コミ
口コミ
どうしてあんなに怒ってしまったんだろう?

と不思議な気持ちになります。

つまり感情に振り回されるというのは姿形がないものに振り回されているのですから自分でも訳が分からなくなってしまいます。

考えても答えの出ないものに悩まされていることになります。

そういう場合は放っておくしかありません。

そして考えれば答えの出ることや動けば形になることから手をつけるしかないのです。

これは変えられるところから変えていこうということです。

例えば仕事や作業です。

  • 人と会う
  • どこかに出かける
  • デスクワークを処理する
  • 予定を立てる
  • 資料や情報を整理する

といった日常業務は動けばどんどん結果が出て片付いていきます。

それだけで気分が楽になりますから嫌な感じも消えていくでしょう。

あるいは日常習慣行動です。

  • 一番好きなスーツを着てみる
  • 思い切ってヘアスタイルを変えてみる
  • 週末はレストランでゆっくり食事をしてみる

そんな程度のことでも気分は大いに変わっていきます。

出来る範囲で現実に変換持ち込めば感情も変化していきます。

つまり姿形の見えない感情を相手にするのではなく現実の中の変えられるものから変えてきましょう。

感情を放っておくというのはそういう意味なのです。

ミスター
ミスター

私も今まではなぜ怒るのか?

そんなことで悩んだ時期がありました。

どうせ、人間の心なんて小さいもの!

そう思った時からこれでいいんだ!

あの日から気持ちが楽になりました。

大した事じゃなかったんですね。

悩んできたことが。

あなたも自分の感情をコントロールできる日が来ますように!

それではまた。

幸運を祈ります!

ありがとうございました!