航空自衛隊

【自衛隊F-2 VS韓国KF-16】国産技術カーボン翼vs 整備不足着実に進む日本の技術開発

【自衛隊F2-VS韓国KF16】国産技術カーボン翼vs-整備不足着実に進む日本の技術開発
RAD1型改
RAD1型改
敬礼! 

今回は、日本F2VS韓国KF16戦闘機。

元航空製造会社に勤務し、軍事コラムを書いている真田幸村さんに教えていただきました。

是非、最後までご覧ください。

RAD1型改
RAD1型改
自衛隊応援部隊『凛護隊』前へー!

【自衛隊F2 VS韓国KF16】国産技術カーボン翼vs 整備不足

現在、日本航空自衛隊の次期ステルス多用途戦闘機F3と、韓国空軍の次期ステルス戦闘機KF21の開発が急がれている。

それは、それぞれF2とKF16の後継機である。

現有のF2とKF16を比較すると、機体性能ではF2が優位であって、運用面でも比較にならない状態にKF16は置かれている。

F2とKF16元来の性能ではさほどの差はなく、アビオニクスなど電子装置の近代化を進めた方が勝つのが現代戦闘機の常だ。

KF16は、元々の契約条件がF2とは違っており、技術面でF2が多少優位にあるとはいえ、運用面での条件はアメリカの「有償軍事支援」と言えるのか疑問に思えるほどKF16は不利な状況だ。

F2は、日本独自の「カーボン技術」「CCV技術」「アビオニクス技術」「ミサイル技術」など、ふんだんに国産技術を使っており、外観はF16に似ているが、中身は国産であると言い切っても良いほどだ。

F2のエンジンは、ライセンス生産・部品から日本での生産が可能だが、F3開発に向けて国産開発XF9)が進んでおり、この点でもF2はKF16の先を行っている。

現状の環境下で、中・長期的に空中戦を演じたらF2が圧勝するのであろう。

最近、テレビドラマ『リコカツ』番宣で、女優の北川景子さんが地上滑走で乗り込んだ機体がF2B複座型で、教育訓練用機体だ。

上から見たとき視界に入る「カムフラージュ・迷彩塗装」を見れば、低高度で活動している時、上空から見えにくくしていることが分かる。

島国日本の防衛で重要となる敵軍上陸阻止に有効な対艦攻撃能力に優れたF2をKF16とドックファイト性能で競わせるのは、F2優位であると判断できるが、実際には優先性能ではないことが分かるシーンであった。

航空自衛隊F2支援戦闘機

F2は、日本初の超音速機として開発されたT-2練習機の戦闘機版だったF1の後継機だ。

F1がF4Jファントム戦闘機とペアで運用されていたように、F2はF15Jとペアで運用されている。

始めF2もエンジン以外は国産化を目指したが、アメリカからエンジンだけの売却(ライセンス生産)を断られてしまったため、ロッキードマーティン社と共同開発の形態をとらざるを得なかった。

目指したのは、カナード翼を備えた第4.5世代の多用途戦闘機であった。

CCV実験機を作り、フライバイワイヤー制御プログラムのデータを集めていたので、F16の制御プログラムをブラックボックス化されてしまっても「高機動戦闘機」を作ることが出来た。

★【CCVフライ・バイ・ワイヤ(FBW)の実用機】

T-2練習機にカナード翼(先尾翼)を取り付け、T-2CCV実験機を作りデータ収集に努めてきた結果、フライ・バイ・ワイヤ(FBW)でコンピュータを介して姿勢制御する日本初の実用機であるF2を作ることに成功している。

制御プログラムが、データ蓄積が進むことによって進歩することとなり、機動性能が向上していく。日本は独自に開発が出来ている。

★【アビオニクスの国産化

三菱電機のJ/APG-1 フェイズドアレイレーダーを搭載。索敵能力に優れ、機械部分がないため整備にも強く、ルックダウン能力もあり、対艦ミサイル搭載を可能にしている。

J/ASQ-2統合電子戦システム(IEWS)以下、ESM、ECMなど国産技術で賄っていることが、韓国KF16とは違っている。

これに伴いレドーム(機首)周囲を日本で再設計し、ステルス性能に関わるエンジン空気取り入れ口付近も再設計しているようだ。

RAD1型改
RAD1型改
続きは動画でごわす!